動画をもっと快適に!So-net光をご紹介

動画配信サービス徹底比較!今おすすめのVODはコレ【無料期間アリ】

現在、動画配信サービス(VOD)を利用される方は増えており、以前に比べるとかなりスタンダードになってきていますよね。

海外ドラマから国内放送の映画・アニメまで、好きな時に好きな場所で楽しめるのがVODの魅力ではありますが、「どの動画配信サービスを使えば良いのか分からない」・「自分に合っているサービスはどれなのか」こう悩んでいる方も多いハズ。

そこで、この記事では、各動画配信サービスの特徴をはじめ「料金比較・ジャンル別作品数比較」など、文字通り徹底比較しました。

アナタにピッタリのVODを探すお手伝いが出来れば幸いです。

動画配信サービスの失敗しない選び方!5つの基準から総合的に判断しよう

数あるサービスの中で、自分に最も合うモノを選択するためには、動画配信サービスの基礎情報を知っておくことが大切です。

もちろん、各動画配信サービスにはお金を支払わずにタダで視聴できる無料期間が設けられているため、気になったVODがあれば直感で登録してみても問題ありません。

では初めに、動画配信サービスを選ぶ際の基準から簡単にお伝えしていきますね。

POINT

  • 月額料金はいくらなのか
  • 自分の見たい作品・ジャンルが配信されているかどうか
  • 対応している画質
  • 同時視聴できる端末数
  • アプリの使いやすさはどうか

この中で特にポイントとなるのが「月額料金」と「自分の観たい作品・ジャンルにマッチしているか」この2点ですね。

数百円で利用できるVODから月額2,000円を越えるモノまで幅広く用意されていますが、初めての方はまず500~1,000円程度のサービスを利用してサービスの使い心地を確かめてみるのがオススメです。

もちろん、お目当ての作品が配信されているかどうかもチェックしておくと良いでしょう。せっかく登録したのに観たい作品が無い…なんて事になると勿体ないですからね。

人気の動画配信サービスをざっくりと比較!

では、2018年特に人気がある動画配信サービスの特徴をざっくりと見ていきましょう。

まずは月額料金や動画の配信数です。

表の見方としては「料金を見る⇒配信本数&見放題作品数を見る」といった感じでチェックしてみてください。

非常に種類が沢山ありますが、この中で気になるVODは見つかりましたか?続いては、そのVODが対応している作品ジャンルを見てみましょう。

冒頭でもお伝えしたように、動画配信サービスを初めて利用する方であれば、何となく使ってみようかな」と感じたらそのVODを利用しても全然オッケーです。なぜなら各サービスには無料期間が設けられているからですね。

ですが、どうせなら自分が好きなジャンルが観られるかどうかもチェックしておいた方が最後までガッツリ楽しめますよ。

総合的に見てどのサービスがおすすめ?

 

さて、上記では月額料金や作品ジャンルについてお話ししましたが、それらのポイントを踏まえて総合的に判断する場合、どの動画配信サービスが優れているのか気になるところだと思います。

中には、すでに利用するサービスが決まった方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらでは上記で比較した中で筆者が特に気に入っているVODを厳選しました

① Hulu【4万本以上が全部見放題は魅力的すぎる】

  • 料金⇒月額1,007円
  • 追加料金⇒一切無し
  • 動画本数⇒4万本以上かつ対応ジャンルも広い

Huluには「オフライン再生が出来ない」・「同時視聴が出来ない」といったデメリットもありますが、上記の要素を加味して総合的に判断すると、個人的にはHuluが最もコスパに優れていると感じています

実際に使用していてもストレスフリーで楽しめていますし、海外作品はもちろん、国内ドラマ・アニメなども充実しています。

また、アップデートでアプリが使いにくくなるのが玉に瑕(たまにきず)ですが、「追加料金ナシでとにかく沢山の動画を楽しみたい」・「動画配信サービスを初めて利用する」こういった方に断然オススメできるVODです。

無料期間 2週間
月額料金 1,007円
配信数 約4万本以上

② U-NEXT【他社を圧倒する動画数と質の高さが魅力】

U-NEXTは見放題作品が8万本以上

  • 動画本数
  • 対応ジャンル
  • 対応画質
  • オフライン再生機能
  • 同時視聴端末数

この記事内でもたびたび登場するU-NEXTですが、数ある項目の中でほぼ満点レベルの成績です。変に過大評価しているわけではなく、機能面に関しては普通に凄いVODですね。

しかし、料金に関しては7種類の中で最も高額な2,149円。ここが唯一ネックな部分と言えるでしょう。

といっても、コンテンツボリュームは圧倒的ですし、同時視聴やオフライン再生などの機能には抜かりなく対応しています。手軽さを重視するのではなく満足度で選びたい方はぜひU-NEXTを検討してみると良いでしょう。

無料期間 31日間
月額料金 2,149円
配信数 約13万本
※8万本以上が見放題
有料作品は約5万本

※上記の情報は2018年10月15日現在のものです。最新の動画配信情報はU-NEXT公式サイトをご確認ください。

③ FOD【想像以上に使いやすく今後の展開も十分期待できる】

POINT
上記の表をご覧になると分かるように、FODは対応ジャンルが幅広く、月額料金が1,000円以下にもかかわらず雑誌読み放題に対応しているサービスです。確かに、動画の見放題本数が少ないのはデメリットではありますが、これからまた大幅に動画数を増加させる可能性も高く、目が離せないVODの1つと言えるでしょう。

実は、筆者は複数の動画配信サービスを利用しており、HuluをはじめU-NEXTやNetflixなどメジャーどころは網羅しているつもりです。もちろんこのFODも。

しかし、FODに関して言えば、正直なところ使ってみたいから登録したのではなく、レビューするために登録しただけに過ぎません。当初は「特に良い機能は無いだろうな」みたいな気持ちでお試し感覚で使い始めたわけですが、未だに解約せず使い続けています笑

何度もお伝えしているように、この理由は想像以上に対応しているジャンルの幅が広く、雑誌の読み放題が優秀だったからですね。

無料期間も1ヶ月設けられていますので、良し悪しを判断するには十分だと思います。FODもHuluと同じく、VODを使ったことが無い方にオススメできるサービスです。

無料期間 1ヶ月
月額料金 959円
配信数 見放題作品900本以上

料金や作品数を徹底比較!

上記の比較は割とざっくりとした内容だったので、各サービスの特徴をもっと深く知りたい方もいらっしゃると思います。

そこで、こちらでは「月額料金」・「配信本数」といった各ポイントをより細かく分解して、徹底的に比較していきますね。

もう一度全体の表を掲載しておきますので、こちらを参考に下記の項目をチェックしましょう。

月額料金を比較

月額料金
(税込)
無料期間
Hulu 1,007円 2週間
Netflix 702円
1,026円
1,556円
※3プランから選択
1ヶ月
dTV 540円 31日間
U-NEXT 2,149円 31日間
Amazonプライムビデオ 400円
※学生限定プランもアリ
1ヶ月
FOD 959円 1ヶ月
auビデオパス 562円 30日間

まずは、月額料金が安くよりお手軽に利用出来るVODをご紹介します。

【Amazonプライムビデオ】

この7種類の中で最もお手軽に利用できるのは、言うまでも無くAmazonプライムビデオです。月額400円とVOD業界の中では破格な料金設定。さらには動画を視聴できるだけでなく、Amazon内でプライム会員限定の商品を購入できる大きすぎる特典も付いてきます。(サイバーマンデー等のセールの際に優先的に購入できる権利もありますね)

そして、特に注目したいのが学生限定料金ですね。VOD業界の中で唯一学割プランを導入しているのはAmazonプライムビデオだけ。学生であれば月額200円(年間契約で1,900円)で利用可能な上、タダで使える無料期間が6ヶ月と他とは比較にならないレベルの長さです。

⇒Amazon Prime公式サイトはこちら

【dTV】

Amazonプライムビデオとの差額は140円と惜しいですが、2番目に安いのはdTVですね。dTVはdocomoが行っている動画配信サービスではあるものの、docomoユーザーでなくとも利用可能です。

月額540円と非常にリーズナブルなので、こちらも利用しやすいサービスの1つでしょう。

⇒dTV公式サイトはコチラ

【auビデオパス】

auビデオパスもdTVとほぼ変わらない料金のサービスですね。月額料金は562円。しかし、こちらはauユーザー限定のサービスなのが非常に残念なところ

※この度auユーザー以外の方も利用できるようになりました。

⇒auビデオパス公式サイトはコチラ

配信本数と見放題作品数を比較

配信数 見放題作品
Hulu 約4万本以上 全て見放題
Netflix 非公開 全て見放題
dTV 約12万本以上 約4,500本
U-NEXT 約13万本以上 約80,000本以上
Amazonプライムビデオ 約6万本以上 約2万本以上
FOD 非公開 約900本以上
auビデオパス 約1万本以上 約1万本以上

続いて比較するのは、動画の配信数と月額料金内で無料で視聴できる本数です。

動画配信サービスを利用する際に、よく勘違いされるのが「動画の配信数=見放題作品数」。この考えで登録すると後悔するので注意してください。

動画の配信数とはあくまでもそのサービス内で用意されている動画数の事を指しており、月額料金内で無料で観られる本数とは異なります。上記でもお話した都度課金型のVODによくあるパターンですね。

ぶっちゃけると、動画配信数はあまり参考になりません。VODを選ぶ際に本当に参考にすべきは「見放題作品数」と筆者は考えます。表をご覧になるとお分かりになると思いますが、動画配信数が多い反面、見放題作品が極端に少ないサービスは存在しています。

つまり、月額料金を支払っているのに観たい作品が視聴できない…なんてケースに陥る可能性があるのです。「配信数が多くても見放題作品が乏しいVOD=課金しないと十分なサービスを受けられない」といっても過言ではありません。もちろん、これはあくまでも個人的な考え方ではありますが。

【Hulu】

Huluは「完全定額制(SVOD)」に属するサービスなので、月額料金1,007円を支払えばHulu内で用意されている4万本以上の動画を全て視聴する事が可能です。

つまり、Huluの場合は「動画配信数=見放題作品数」というわけですね。非常に分かりやすいシステムなのでVOD利用の経験が無い方もすぐに馴染めるでしょう。

作品数が多いわりに料金もかなり抑えられているので、コスパ的にはトップレベルです。

⇒Hulu公式サイトはコチラ

【U-NEXT】

U-NEXTはdTVと同様に配信数は13万本ですが、見放題作品数は8万本以上とdTVに比べると圧倒的に量が多いことが分かります。上記で触れたHuluよりも動画数は上です。

その分、月額料金は2,149円とちょっとお高め

ただし、料金の安さではなくコンテンツのボリュームで比較するなら間違いなく優秀なVODと言えるでしょう。

⇒U-NEXT公式サイトはコチラ

【Amazonプライムビデオ】

料金比較では他社を圧倒していたAmazonプライムビデオ。低価格ではあるものの、無料で視聴できる動画数は約2万本と値段の割に多めです。

ただ、都度課金型のU-NEXTと比較してしまうと当然ラインナップは見劣りします。全話見放題かと思いきやシーズンの途中で有料化するケースもあり、使用していてストレスを感じる…なんてこともしばしば。

良くも悪くも値段相応のサービスといったところでしょうか。

⇒Amazon Prime公式サイトへ

【FOD】

見放題作品数は約900本他サービスに比べても動画数に関してはぶっちゃけ優秀とは言えません(動画配信数は非公開情報が多いため正確な数値は別記事で追記します)

しかし、FODは運営側のサービス向上に対する取り組みが素晴らしく、ここ最近で動画本数はかなり増加しました。当時の無料で視聴可能な動画数は約10本。そこから900本まで一気にボリュームアップしました。

以前は、課金を前提に利用する層が多かったわけですが、HuluやdTVと競争する上で無料で利用したいユーザーに寄せてきたのだと思われます。

下記の項目でもお話ししますが、FODは動画だけでなく書籍が読めるサービス等も用意されており、月額1,000円以下のVODにしてはサービスはかなり充実している印象です。

⇒FOD公式サイトはコチラ

対応している画質を比較

対応画質
Hulu ・HD画質(720p)
・フルHD画質(1080p)
Netflix ・SD画質(480p)
・HD画質(720p)
・フルHD画質(1080p)
・4k(2160px)
dTV ・SD画質(480p)
・HD画質(720p)
・4k(2160px)
U-NEXT ・低画質(360p)
・フルHD画質(1080p)
・4k(2160px)
Amazonプライムビデオ ・SD画質(480p)
・HD画質(720p)
・フルHD画質(1080p)
・4k(2160px)
FOD ・低画質(360p)
・HD画質(720p)
auビデオパス ・SD画質(480p)
・HD画質(720p)

画質に関しては、特にどのサービスもHD画質以上が用意されているため、問題なく楽しめるかと思います。Amazonに関しては低価格帯にもかかわらず4k画質にまで対応しています。(もちろん4k動画自体は少ないのですが)

ただ、Netflixは料金プランによって選択できる画質が異なります。Netflixに興味がある方は注意しましょう。

  • ベーシックプラン【月額702円】⇒SD画質のみ
  • スタンダードプラン【月額1,026円】⇒SD画質/HD画質
  • プレミアムプラン【月額1,566円】⇒SD画質/HD画質/超高画質(4k)

同時視聴可能な端末数を比較

同時視聴 登録可能な端末数
Hulu 非対応 制限なし
Netflix 最大4台まで 制限なし
dTV 非対応 5台まで
U-NEXT 最大4台まで 制限なし
Amazonプライムビデオ 最大3台まで 制限なし
FOD 最大5台まで 5台まで
auビデオパス 非対応 5台まで

続いては、同時視聴可能な端末数と登録可能な端末数の比較を行います。

※1 同時視聴可能な端末数⇒1アカウントを使い、複数人で動画を同時に視聴できる数

※2 登録可能な端末数⇒1アカウントに登録できる端末数。

【FOD】

上記の中で同時視聴できる端末数が最も多いのがFODですね。最大5台まで視聴できるので、複数人がそれぞれ異なる作品を観たい…なんて時に困る事はまず無いハズです。

この部分に関しては最も評価できるVODです。

⇒FOD公式サイトはコチラ

【U-NEXT】

U-NEXTは月額料金が高いだけあって、コンテンツ量以外にも優秀な面が多いですね。FODより台数は1台劣るものの、最大4台まで同時視聴が可能です。

⇒U-NEXT公式サイトはコチラ

【Netflix】

NetflixもU-NEXTと同じく同時視聴台数は最大4台までと優秀ですが、こちらに関しては料金プランによって規約が変わります

上記でお伝えした対応画質と合わせて確認しておきましょう。

同時視聴可能な端末数 画質
ベーシック
(月額702円)
1台まで ・SD画質のみ
スタンダード
(月額1,026円)
2台まで ・SD画質
・HD画質
プレミアム
(月額1,556円)
4台まで ・SD画質
・HD画質
・UHD画質(4k)

つまり、同時視聴を前提に選ぶのであれば、最低でもスタンダードプラン(月額1,026円)を選択する必要があるわけです。

⇒Netflix公式サイトはコチラ

オフライン再生(ダウンロード機能)を比較

オフライン再生
(ダウンロード機能)
Hulu 非対応
Netflix
dTV
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
FOD 非対応
auビデオパス

自宅だけでなく、移動中の暇な時間に動画を楽しみたい方は多いハズです。その上で「オフライン再生/ダウンロード機能」が付いているかどうかもチェックしておきたいところですね。

ご覧のように、HuluとFOD以外のサービスはオフライン再生機能が用意されています。「自宅外で動画を視聴しない」・「ポケットWiFiを使うから問題がない」といった方にとっては大して重要な項目では無いかもしれませんが、こちらの項目もぜひ参考にしてみてください。

対応ジャンル比較

最後の項目は、各サービスがどれだけ多く作品ジャンルをカバーしているか…といった内容の比較です。

【U-NEXT】

U-NEXTに関しては、ジャンルの幅が非常に広いため、観たい作品が確実に見つかるでしょう。完全無料とまではいきませんが「雑誌・漫画・書籍」も楽しめますし、追加料金を支払えばカラオケ機能まで利用する事が可能です。

(オールジャンルに対応した動画配信サービスの中で、アダルト作品にも力を入れているのはU-NEXTくらいです)

海外ドラマ・国内映画・アニメなど、1つのジャンルにこだわらず、たくさんの作品を楽しみたい方にU-NEXTはピッタリですね。

⇒U-NEXT公式サイトはコチラ

【FOD】

実はFODには以下の2種類が用意されています。

内容 月額料金
(税込)
FODプレミアム ドラマ・映画・アニメ等の動画が視聴可能 959円
競馬予想TV 「競馬予想TV」のみ視聴できるサービス 1080円

大半の方がFODプレミアムを選択しますが、競馬に特化したチャンネルにも対応しています。

見放題作品は少ないものの、対応しているジャンルは結構広め

さらに、使ってみて筆者が意外と気に入ったのが雑誌読み放題です。FODプレミアム会員はこの機能を使うことが出来るのですが、読める雑誌の種類は100種類以上と馬鹿にできないレベルです。

⇒FOD公式サイトはコチラ

【dTV】

dTVに関しても対応している動画のジャンルは広く、低価格ながら(月額540円)漫画を楽しむことも可能です。

ただし、無料で読める漫画のラインナップとしては既に完結した作品がほとんどです。最新作が読み放題になるケースは稀なので、あくまでもオマケ程度に考えておくのが良いでしょう。(正直なところ筆者は読みたい作品は1~3作品ほどしかありませんでした。)

⇒dtv公式サイトはコチラ

「海外ドラマ(洋画)・日本映画・アニメ」など各動画サービスがどのジャンルに強いのかを解説します

上記では、特に会員数が多く人気が高い動画配信サービスをチェックしてきましたが、こちらではアニメや音楽番組に特化したVODも合わせてご紹介していきます。

なお、先ほど登場した「Hulu」や「FOD」がどのジャンルに強いのか…といった部分もより詳しく解説しますので、VOD選びで悩んでいる方は、こちらの項目もぜひ参考にしてみてくださいね。

※なお、こちらの項目に記載されている動画本数は2018年10月15日現在の内容となります。最新の動画配信状況に関しては各サービスの公式サイトをご確認ください。

海外ドラマに強いVOD比較

海外ドラマに強い動画配信サービスはHulu、Netflix、Amazonプライムビデオ、U-NEXTの5種類。

観たい作品が配信されているかどうかによっても変わりますが、完全見放題かつ作品数が最も多いのはHuluという結果になりました。FOXチャンネルのリアルタイム配信に対応かつHBO作品も視聴できるので、この中で選ぶならHuluがオススメです。

海外映画に強いVOD比較

dTV・Amazonプライムビデオは低価格で作品数が多いのが魅力ですが、その一方で見放題作品数が限られるのがネックです。観たい作品は有料だったパターンも多々あるでしょう。

その反面、NetflixはHuluと同様に完全定額制なので、配信されている海外映画を全て視聴できます。

元から課金を検討されている方はdTVやAmazonプライムビデオでも問題ありませんが、月額料金内で楽しみたいのであればHuluかNetflixを選択するのが良いでしょう。

⇒Hulu公式サイトはコチラ

⇒Netflix公式サイトはコチラ

国内ドラマに強いVOD比較

国内ドラマに関して言えば、DMM見放題chライトの圧勝です。上記のグラフだけ見るとAmazonプライムビデオも頑張っている印象ですが、DMMには到底及びません。

しかし、注意しなければいけないのは、DMM見放題chライトは男性向けコンテンツがメインであること。確かに国内ドラマの本数も多いですが、メジャーな作品は正直少なめなので、国内ドラマを中心に楽しみたいのであれば、AmazonプライムビデオかHuluが妥当でしょう

※Fire stick等でテレビ接続すると、視聴履歴にセクシー系動画の履歴が並んでしまうので、ご家庭をお持ちの方はこの部分も注意しておきたいところですね。

そして、Huluとパラビを比較してみると配信数は似通っているものの、パラビは見放題動画数が限られています。月額料金も両者ほぼ変わらない額なので、作品数を考慮するとHuluを選択するのがベターです。

⇒Hulu公式サイトはコチラ

⇒Amazon Prime公式サイトはこちら

日本映画に強いVOD比較

日本映画に関して言えば、U-NEXTがかなり優秀です。タイトル数ならびに見放題作品数も多いので、国内映画をガッツリ楽しみたい方はU-NEXTが断然オススメです。

といっても、Netflix・Huluもかなり健闘していますね。月額料金や配信数に関してはどちらも同じレベルなので、あとは観たい作品があるかどうかで決めるのが良いでしょう。

アニメ作品に強いVOD比較

アニメ作品に強いVODと言えばやはりdアニメストア。アニメ関連の動画数では他社を完全に圧倒しており、その上2,400作品以上が月額432円で見放題という超アニメ特化型VODです。

その分、アニメ以外の作品を視聴することはできませんが、アニメだけを楽しみたい方はdアニメストアを選択するのがベストです。

⇒dアニメストア公式サイトはコチラ

漫画・雑誌・書籍も見られるVOD比較

作品数 月額料金
U-NEXT 約1200 2,149円
FOD 約100 959円
dTV 非公開 540円

上記でもご紹介したサービス達ですが、作品数的にはU-NEXTが圧倒的に優れています。しかし、U-NEXTで用意されている漫画・雑誌・書籍の多くが追加料金が必要になるので、無課金での利用を考えている方とっては残念なポイントでもあるでしょう。

それに対してFODは、約100種類以上の雑誌が読み放題なので動画+雑誌という観点で言えば、この中で最もコスパが高いサービスと言えますね。

そして、dTVも漫画を楽しめるわけですが、こちらは普通にページをめくるのではなく、動画形式で漫画を読む一風変わったスタイルになります。声優さんが漫画を読んでくれるコンテンツも用意されていますが、純粋に自分のペースで書籍等を読みたい方は、FODを選択するのが良いでしょう。

オリジナルコンテンツに強いVOD比較

作品数 月額料金
Netflix 700本以上 1,026円
Hulu 30本以上 1,007円

各動画配信サービスには、他社にはないオリジナル作品も用意されています。ただし、作品数・作品のクオリティに関してNetflixの右に出るサービスは現状ありません

オリジナル作品を中心に楽しみたい方はNetflixを選択しておけばまず間違いないでしょう。

⇒Netflix公式サイトはコチラ

音楽ジャンルに強いVOD比較

月額料金
WOWOW 2,300円
スカパー 600~800円
dTV 540円

ご存知の通り、WOWOWは「ROCK IN JAPAN」や「COUNTDOWN JAPAN」をはじめとするrockin’on主催のフェスを唯一取り扱っている動画配信サービスです。会場でもWOWOWのブースがある程音楽ジャンルに力を入れています。

バンド系はもちろん、ポップスやR&Bなど対応しているジャンルは幅広く、メジャーなアーティストだけでなくインディーズにもフォーカスしてくれている点も嬉しいポイントですね。

料金は他サービスに比べるとやや高めではあるものの、国内外問わず音楽好きにはたまらないコンテンツを配信しているため、個人的にはこのジャンルの中で一番オススメしているVODです。

スカパーに関しては、料金システムが少し複雑なので別記事でもお伝えしますが、視聴する番組によって料金が異なります。また、「MUSUC LIVE」や「僕らの音楽」など全体を見るとWOWOWのようにロックフェスが強め…という印象はありません。

そしてdTVといえば、FODと共同で立ち上げた音楽番組「LOVE or NOT」が有名ですね。全体的にポップスよりの番組が多く、WOWOWやスカパーに比べると広く浅く…といった印象が強いです。

これらは、音楽番組以外にもドラマや映画といったコンテンツを配信しているVODですが、ライブ映像およびライブ中継を中心に楽しみたい方はWOWOWがオススメです。

もちろん、お目当ての番組が放送されているかどうかもしっかりとチェックしておくことも大切です。

大人の男性向けコンテンツにも対応しているVOD比較

  作品数
(見放題)
月額料金
DMM見放題chライト 約2,000本 1,026円
U-NEXT 約4,500本 1,007円

上記でもお伝えしたように、U-NEXTは男性向けコンテンツにも対応しているものの、そちらのジャンルが主体ではないため、オマケ程度に考えている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際には見放題作品数は4,500本とかなり力を入れていることが分かります

ただ、料金的にはDMMの方が優れていますね。

DMM見放題chライトの場合は、月額540円というリーズナブル料金で、2,000本以上の作品が見放題です。映画やドラマではなく、男性向けコンテンツをメインに楽しみたい方はDMMを検討するのが良いでしょう。

逆に、男性向けコンテンツはちょっとだけ楽しめれば良い…という方であれば、U-NEXTを選択するのがベターですね。

⇒DMM見放題chライト公式はコチラ

⇒U-NEXT公式サイトはコチラ

動画配信サービス選びにまだちょっと不安がある方へ

冒頭では、動画配信サービスの選び方を簡単にご紹介しましたが、こちらの項目では不安が残る方に向けてもう少し詳しく解説していきますね。

人気の動画配信サービス=自分に合っているとは限らない

 

2017年ではAmazonプライムビデオの会員数が最も多かった

当時はAmazonプライムが物凄い人気でした

※上記は、日本国内で会員数が多い(シェア率が高い)動画配信サービスのランキンググラフとなります。こちらを参考にVODの比較を行いますが、アンケート調査が行われてから半年近く経過しているため、今回メインで比較するサービス内容は若干変更しました。

利用する上で多くの方がこういった人気ランキング的な要素を気にされると思いますが、複数のVODを契約してきた筆者の経験からすると、人気順だけで判断するのはやめた方が良いです。

「料金や作品ジャンル」などを確認して、最終的に自分に合っているかどうかを判断する事が大切です。人気ランキングなどはあくまでも参考程度にしておきましょう。

月額料金をチェックする

なんといっても気になるのが月額料金。どれだけ好きな作品を観られても、月々の負担が大きければ契約を続けるのは難しくなりますよね。

ですから、まず一番初めにチェックして欲しいのがこちらです。

Point
  1. 月額料金
  2. 追加料金の有無
  3. 違約金の有無(解約時など)

月額料金に関しては公式サイトをチェックすれば一発で分かりますが、追加料金に関しては、どのサービスも割とふわっとした文章で説明しています。例えば、「数万作品が楽しめる!」と広告で宣伝していたのに、実際は「月額料金+追加料金を支払わないと見られない」なんてパターンも普通にあります。

もちろん、これは運営側が嘘をついているのではなく、サービス内容が若干分かりにくく記載されていたり、一方で利用者側が見過ごしていたりするケースが多いのです。

はじめて利用する方にとって不安要素の1つだと思いますが、動画配信サービスのシステムは主に3つに分かれています。意外とシンプルなのでここで抑えておくと良いでしょう。

  • 都度課金型(EST)
  • 都度課金型+視聴時間制限型(TVOD)
  • 完全見放題(SVOD)

都度課金型(PPV)

動画配信サービスの利用を考えている方の中には「月額料金を支払えば見放題」といったイメージを持たれている方も少なくありません。しかし、実際のところ上記のような「月額料金+追加料金で全てのサービスが利用可能」といったサービスがほとんどです。

このシステムは「都度課金型(PPV)」と呼ばれており、月額料金内で「見放題の動画」と「課金しないと見られない動画」に区別されています。

旧作は見放題だけど新作は追加料金が必要ですよ」これが都度課金型の仕組みですね。

◇都度課金型に分類される動画配信サービス例⇒「Amazonプライムビデオ・dTV・FODなど」

都度課金型(PPV)+視聴時間制限型(TVOD)

上記でお話しした「都度課金型」はご理解いただけたと思いますが、これに加えて動画の視聴期限が設定されているシステムもあります。

「U-NEXT」を例にあげると…

最新話は動画配信スタートから31日間まで無料で見放題⇒その期間を過ぎてしまうと視聴するために追加料金がかかる

これが「視聴時間制限型」です。つまり、無料で観れるけど時間が経つと有料作品に切り替わりますよ…といった感じですね。

これに、新作などを観るためには追加料金がかかる「都度課金型」が加わったのがこのシステムになります。

2種類のシステムが組み合わさり、若干ややこしく感じますが

  • 一部の動画は有料
  • 無料で視聴できる動画が期間によって有料になる

こんなサービスもある事を覚えておきましょう。

完全定額制(SVOD)

月額料金を支払えばサービス内で配信されている動画が全て見放題。これがSVODと呼ばれるシステムです。

追加料金等の心配をせずに好きなだけ動画を視聴できますし、「気になる作品を発見⇒これは有料です」といったパターンが無いため、ストレス無く思い切りサービスを使い倒せる素晴らしい仕組みですね。「せっかく登録したのに〇話からは有料だった」なんてこともありません。

他の動画配信サービスに比べて非常にシンプルなので、VODを使ったことが無い方にも断然オススメです。

◇SVODに分類される動画配信サービス⇒「Hulu・Netflix」など

自分の見たい作品・ジャンルが配信されているかどうか

月額料金をチェックするのも大切ですが、こちらの項目もマスト。料金より先に調べても良いでしょう。

登録しても観たい作品が無かった」・「話題の作品は観られたけど自分の好きなジャンルが少ない」こういったケースを避けるためにも各動画配信サービスで観られる作品や力を入れているジャンルを下調べしておくのも重要ですね。

対応している画質もチェック

サービスによって視聴できる画質も異なります。大半のVODが「高画質(HD画質)」に対応していますが、中には料金プランごとに選択できる画質が設定されているモノも存在していますので、料金だけでなく機能面もしっかりと確認しておきたいところです。

もちろん、高画質になればそれだけ通信回線に負荷がかかるため、ご自身が動画を視聴するネット環境にも依存します。快適に動画を視聴できるかどうかの目安は各サービスの公式サイトに掲載されていますので、特に4k画質を楽しみたい方は事前にチェックしておきましょう。

複数人での利用を考えている方は同時視聴できる端末数を確認する

家族内や友人間で同時にそれぞれ違う動画を楽しむ機会があるならば「同時視聴可能な端末数」を確認しておくべきです。

同時視聴可能な端末数とは? 1アカウント内で複数の端末を利用する際に、それぞれ違う動画を同時に視聴できる台数。

例えば、U-NEXTを契約したとしましょう。

  • Aさん⇒ドラえもんが観たい
  • Bさん⇒名探偵コナンが観たい
  • Cさん⇒ウォーキングデッドが観たい

このような状況になった際、同時視聴可能な端末数が3台以下だと、3人の内1人が我慢をしなければなりません。逆に同時視聴可能端末数が3台以上であれば、全員がそれぞれ自分の好きな動画を楽しむことができるわけですね。

※ちなみにU-NEXTの場合は、同時視聴端末数は最大4台です

各動画サービスによってこの部分は大きく異なるため、複数人での利用を考えている方は、あらかじめしっかりと確認しておきましょう。

アプリの操作性はどうか

最後は、アプリの操作性についてですが、当然ながら操作性が高く、スムーズに動画を視聴できた方が良いに決まっています。

ただし、使いやすい・使いづらいといった部分は、正直なところ実際に使ってみないと分からない項目ですし、何より人によって好みの差が出てしまいます。どれだけ評判が高くても、自分には合わないと感じる方もいらっしゃるでしょう。

ですから、アプリの操作性に関しては、登録前の段階ならオマケ程度に捉えていても良いと筆者は考えています。なぜなら各サービスには、タダで利用できる無料期間が設けられており、実際に本契約する前に十分良し悪しを判断できるからです。

アプリの操作性を事前に調べるのであれば、各サービスのメリットやデメリット等に時間をかける方が効率的と言えるでしょう。

上記でお話ししたポイントを踏まえて、自分に合った動画配信サービスは一体どれなのかを選んでいけば自分にピッタリのVODが見つかるハズです

「料金の安さ」と「作品数の多さ」ならどっちで選ぶ?

中には「料金が安いサービスを選ぶべきなのか作品数が多いモノを選んだ方が良いのか」…こういった疑問を感じている方もいらっしゃると思います。

料金が安いVOD 料金が高いVOD
メリット 月々の負担が軽い 見放題作品が多い
特典等が豊富
デメリット 見放題作品の数・質が乏しい
新作の配信が遅い
月々の負担が重い

※これはあくまでも筆者が各サービスを使って感じた部分なので参考程度にしておいていただければ幸いです。

低価格なVODは、コンテンツの量・質が若干微妙だな..と感じることが多く、結局課金しなければ満足に楽しめない…これまでの経験上そんな印象が強いですね。もちろん、中には優良なサービスもありますが、個人的には月額料金内でガンガン使い倒したい派なので、あまりにも安いVODは無料期間だけ利用して解約といったパターンがほとんどでした。

逆に、U-NEXTやWOWOWをはじめとする月額料金が2,000円を越えるVODに関しては、満足感を得られることが多かったです。視聴できる動画数は多く・独占配信コンテンツなど魅力的な要素も強めですね。

そして、使ってみて丁度良いバランスに感じたのが「Hulu」・「FOD」・「Netflix」あたりの月額1,000程度のVODでした。心から面白いと言える作品も豊富に用意されていますし、なにより様々なジャンルをカバーしている点も嬉しいポイントです。

ただ、どれだけ各サービスの特徴を伝えても、文章だけでは伝えきれない項目があるのも事実です。満足できるかどうかは人それぞれですし、どのVODにもメリット・デメリットはあるため、どっちが良いと一概に言うことはできません。

そこで筆者的には、興味のある動画配信サービスを見つけたら無料期間を利用して実際にそのサービスを体験してみること推薦しています。なお当サイトでは、登録者から頂いた口コミ・評判なども掲載していますが、どうしても個人の感覚は異なるため、評判が高い=絶対に優れたサービスとは言いきれないのです。

多くのサービスが無料期間を導入しているけど本当にお金はかからないの?

上記では、一度無料期間を利用してサービスの良し悪しを判断するべきとお伝えしましたが、追加料金や違約金などを心配される方も多いハズ。しかし、無料期間中は月額料金や追加料金等が勝手に発生したりすることは一切ありません

なぜなら、各動画配信サービスが導入している無料期間には以下の目的があるからです。

有料会員と同じサービスをタダで利用してもらう⇒利用者に満足してもらう⇒サービスが気に入った利用者に本契約してもらう

つまり、無料期間とは新規のお客さんを集める狙いがあるため、勝手に追加料金がかかるようなシステムではユーザーは離れていってしまうのです。

このように、無料期間は一切お金は発生しませんが、注意しなければいけないのが「無料期間が終了したら自動的に有料会員に移行する」というコト。VODの大半がこの仕組みです。

中には面倒くさいからそのまま支払い続けている…といった方もいらっしゃいますが、利用してみて気に入らなかったとしても、終了日までに解約しないと月額料金が発生するので、登録時に各サービスが送付するメールをしっかりと確認しておきましょう

逆に言うと、この部分だけ気を付けていれば、大半のサービスを無料でお試しすることが出来ちゃいます。

無料期間だけ利用して解約するのってアリ?

結論からお伝えすると、無料期間だけ利用して解約しても何の問題もありません。むしろ各サービスは、自社の良し悪しを判断してもらうために無料トライアルを設けているわけですから、利用しないのは非常に勿体ないです。

なお、この記事でご紹介したVODは、無料期間だけ利用しても違約金等が発生することは無いので安心してくださいね。

無料期間 月額料金
(本契約する場合)
Hulu
⇒公式サイト
2週間 1,007円
U-NEXT
⇒公式サイト
31日間 2,149円
auビデオパス
⇒公式サイト
30日間 562円
FOD
⇒公式サイト
1ヶ月 959円
dTV
⇒公式サイト
31日間 540円
Netflix
⇒公式サイト
1ヶ月 702円
1,026円
1,556円
Amazonプライムビデオ
⇒公式サイト
1ヶ月
(学生は6ヶ月)
400円
(学生は200円)
dアニメストア
⇒公式サイト
31日間 432円
DMM見放題chライト
⇒公式サイト
2週間 540円

※WOWOWの場合は初月0円ですが、初月のみ利用することは出来ない規約となっているため上記の表では除外しています。(初月0円。2ヶ月目2,300円)

まとめ

では最後に、これまでお伝えした内容をざっくりと振り返っていきましょう。

おさらい
  1. 料金・作品数・対応ジャンルなど総合的に優れているVODは?⇒コストパフォーマンスや将来的な部分を考えると「Hulu」・「U-NEXT」・「FOD」を選択するのがオススメ。
  2. 海外ドラマに強いVOD⇒Hulu
  3. 海外映画に強いVOD⇒Netflix・Hulu
  4. 国内ドラマに強いVOD⇒Amazonプライムビデオ・Hulu
  5. 国内映画に強いVOD⇒U-NEXT・Amazonプライムビデオ
  6. アニメ作品に強いVOD⇒dアニメストア
  7. 音楽ジャンルに強いVOD⇒WOWOW・スカパー
  8. 漫画などのコンテンツも楽しめるVOD⇒U-NEXT・FOD
  9. 男性向けコンテンツに強いVOD⇒DMM見放題chライト・U-NEXT
  10. 各VODが導入している無料期間は本当にお金はかからない?⇒無料期間内に解約すれば料金は一切発生しない
  11. 無料期間中に解約しても大丈夫?⇒全く問題ない。違約金等が発生することもないので安心。

今回は、料金比較やジャンル別比較など細かく分解してお伝えしてきましたが、自分にピッタリのサービスかどうかを最終的に判断するのはご自身です。

そのためにも、冒頭で失敗しない選び方をお話ししたわけですが、結局のところ使ってみないと分からない要素は多々あるので、ぜひ無料期間を利用して本当にお金を払ってでも使うべきサービスなのかどうかを確かめてみるのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ウォーキングデッドの動画を無料視聴!高コスパの配信サービスはコ…

次の記事

ミス・シャーロックの動画を無料視聴!最終話まで見逃し配信に対応…